履修カリキュラム

HOME >> 履修カリキュラム

学費・年額 2009年度入学者

これからの薬剤師は確かな医学・薬学知識に裏付けられた薬物療法、適切な服薬指導、患者との良好なコミュニケーション関係の構築、医薬品情報の提供など、様々な役割や能力が求められています。薬剤師が医療現場において医療チームの一員として活躍していくためには、また癌や高血圧などの特定の病気の専門薬剤師として活躍するためには高度な薬学教育が不可欠です。薬剤師国家試験を受験するためには、その受験資格を得なければなりませんが、原則として6年制薬学部を卒業した者のみに与えられることになりました。
松山大学の6年制薬学部は、現代社会が求める高度専門職業人としての薬剤師を養成します。時代の要請に応えるべく基礎薬学科目に加えて医療薬学科目、人文・社会科学系科目、教養系科目、そして5ヶ月の病院・薬局実務実習からなるカリキュラムを編成しています。

薬学の基礎と医療人としての豊かな人間性、基礎的教養を身に付ける。

共通教育科目において、種々の人文・社会科学系科目を学習し、社会人としての幅広い教養、医療人としての論理観を養うとともに国際化や情報化の進展に対応できる英語力、ITスキルズ(情報処理基礎実習)を身につけます。薬学は、ライフサイエンスの基礎から医療への応用にまたがる幅広い学問分野を包括しますので、1年次で、高校の復習をかねて基礎となる化学、生物学、物理学などの専門教育への導入に必須な科目を学びます。
専門教育としては、まず導入科目としての「薬学概論」、「医学概論」で生命の尊厳、医療人=薬剤師として要求される資質を様々な切り口から学び、これから6年間の薬学教育への取り組みを自覚するとともにそのモチベーションを高めます。さらに基礎薬学科目では、まず薬学を学ぶ上で最も基礎的な「もの(化合物)」についての化学系薬学の科目(「有機化学」、「分析化学」など)を学びます。また「基礎薬学実習」で、2年次以降で修得する種々の専門的技能の基礎を身につけます。

薬学の基礎となる基礎薬学科目の修得。

「もの(化合物)」を基盤とした薬学をさらに理解するための「物理化学」、天然医薬品としての「生薬学」などの化学系科目に加えて、生命科学の基礎となる「生化学」、病原微生物と感染症との関係を学ぶ「微生物学」、遺伝子の機能に関連するライフサイエンスとしての「分子生物学」などの生物系科目を学習し、基礎薬学の知識を一層確実なものとします。また、「解剖学」、「薬理学」、「漢方学」などの医療薬学科目が加わり始め、専門科目が主体となってきます。また、それぞれの基礎薬学科目の授業で学んだ内容、知識に関連した技能を修得するための「生薬学実習」、「分析化学実習」、「有機化学実習」、「物理化学実習」などの実験を午後の時間帯で行います。

生物系基礎薬学科目と応用科目としての医療薬学科目の修得

3年次では予防薬学の観点から重要な「衛生化学」、また物理化学のさらなる展開としての「生物物理学」、「薬剤学」などを学習し、基礎薬学の知識修得の徹底を図ります。さらには「薬理学」、「医薬品化学」、「病態生理学」、「医療薬学」、「薬物治療学」など「もの(化合物=薬物)」の人への影響と使い方を理解するために医療薬学科目を引き続き学習します。
また、午後の実習はさらに濃密となり、「生化学実習」、「衛生薬学実習」、「微生物学実習」、「薬理学実習」、「製剤学実習」において、それぞれの授業に直結した技能を修得します。これら実習は必須科目であり、しっかり学習することが必要です。
また、この年次には、関連科目として「貨幣経済論」、「コーポレート・ガバナンス」、「消費者法」の選択科目を履修し、経済学、経営学に明るい薬剤師になるための学習も行います。

薬剤師の総合的知識技能の修得と実務実習の資格を問う「共用試験」合格・認定を目指した学習

4年次では、3年次までに学んだ薬の基礎をベースに、医療現場で即必要とされる実学的科目(「病院・薬局 薬学T・U・V」、「調剤学」、「治験薬学」など)を履修します。更に、薬剤師としての基礎的な技能を養うために、学内に設置された模擬病院薬局、模擬調剤薬局、模擬病室を利用して様々な実務シミュレーションを取り入れた学内実務実習が行われます。
4年次の終わりごろには薬学共用試験を受験します。これは、5年次に行われる保険調剤薬局・病院薬局での実務実習(学外実務実習)を受けるために必要な知識、技能及び態度を確認する試験であり、合格が必須となります。主として知識を評価する試験(CBT)と、主として技能と態度を評価する試験(OSCE)の2つから成ります。
また、この年次から、希望する研究室に配属され、卒業論文作成のための卒業実習が開始されます。

病院・薬局での現場実習を通して薬剤師の実務を修得

この年次では実際の病院および薬局において5ヶ月間の長期に及ぶ「学外実務実習」を行い現場の薬剤師業務を経験します。この学外実務実習を通して現場の薬剤師として必要な応用力を身につけ、患者さんとの接し方なども学びます。
また、学外実務実習以外の期間は、4年次に引き続き配属研究室にて卒業実習を行います。

卒業論文の作成。薬剤師国家試験合格を目指した総復習

6年次では、主に卒業実習に時間を費やすこととなります。様々な研究機器を用いて、「新しい発見」や「新薬の開発」を目指して実験・研究を行います。本学薬学部では、各研究室の最先端の研究をサポートする最新の機器・設備が整っています。
また、6年間に修得した知識・技能を総合し、「薬剤師国家試験」の勉強も卒業実習と並行して行います。本学薬学部では、34名の専任教員のうち、28名(82%)が医師または薬剤師免許有資格者であり、全国的にも高い数値となっています(ちなみに助教全員(12名)も薬剤師免許有資格者)。これらの専任教員スタッフにより、「総合薬学演習」では、今までに学んだ薬学の全ての知識・技能を総復習し、国家試験に対応した包括的な講義・演習を行います。

薬剤師国家試験

薬剤師資格取得

このページのTOPへ