大学院学費

HOME >> 大学院 > がんプロ

中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアム (http://www.chushiganpro.ccsv.okayama-u.ac.jp)

がん患者数の増加、および、がんゲノム医療に代表されるような治療の進歩に伴い、がんに関する専門的な知識と技能を有する医療人が益々求められるようになっています。そこで、中国・四国地域においても他の地域と同様に、高いレベルの知識と技能を身に付けたうえで全人的医療を実践できる医療人を養成する目的で、中国・四国広域がんプロ養成コンソーシアムが形成されました。このコンソーシアムでは、中国・四国地域に位置する医療系の11大学院が地域の37のがん診療連携拠点病院と連携する体制が構築されています。

本研究科は、このコンソーシアムに参画し、がん専門の薬剤師養成に取り組んでいます。その一環として、一般コースに加えて“がん医療重点コース”を設置しています。過程の修了要件は一般コースと同じで32単位ですが、がんに特化した特定の科目を履修する必要があります。特に、愛媛大学医学部附属病院薬剤部において、がんに特化した研修を受講します。また、近隣の薬剤師ががんに関する高度な知識と技能を修得するための場を提供するために、“がん薬物治療スキルアップコース(インテンシブ)”を設置し、また、がんプロ公開講座を継続的に開催しています。

がんプロ講演会 インテンシブ(「がん医療薬学特論」)
がんプロ講演会(第4回) がん薬物治療スキルアップコース履修証明書授与式
これまでに実施したがんプロ公開講座
第1回:2017年11月5日(日)
「iPS細胞を使ったがん治療について」

京都大学iPS細胞研究所 准教授 金子 新 先生
 *主催:愛媛大学医学系研究科臨床腫瘍学講座、松山大学
 市民公開講座として実施

第2回:2018年2月17日(土)がん医療の実際〜薬剤師力をどう発揮するか
「緩和ケアにおける薬剤師の役割と薬薬連携に向けた取り組み」

愛媛大医学部 附属病院薬剤部 飛鷹 範明 先生

「がん医療と薬剤師 in 四国がんセンター」

四国がんセンター 薬剤部 小暮 友毅 先生

「がんチーム医療において薬剤師力をどう発揮するか! ―その戦略と人材育成―」

大垣市民病院 薬剤部長 吉村 知哲 先生

第3回:2018年10月20日(土)
「がん治療の進展とゲノム医療に向けて」

愛媛大学医学部 臨床腫瘍学講座教授 薬師神 芳洋 先生

第4回:2019年3月9日(土)
「薬剤師だからこそできるきめ細やかながん支持療法」

岡山大学病院 薬剤部 鍛治園 誠 先生

このページのTOPへ