カリキュラム概要

HOME >> 大学院 > カリキュラム

ディプロマポリシー

本研究科は、本学の「校訓三実」である「真実」、「実用」、「忠実」の理念に則り、高度な専門性をもって患者に最適の薬物治療を提供できる人材、薬物を適正に使用する上で生じる問題を科学的・社会的に解決できる人材、さらに薬学研究者の視点から病態や薬物作用機序の解明に取り組める人材を養成する。このような理念に基づく学修の成果として、深い学識と高い研究能力を習得したと認められるものに対し、博士(薬学)の学位を授与する。ただし、課程修了までに以下の要件を満たすこと。

本大学院医療薬学研究科医療薬学専攻に4年以上在籍し、設定された基礎科目、専門科目、特別研修、特別研究を履修して、総計32単位以上を取得し、博士論文の審査および試験に合格すること。

養成する人材像としては、高い専門性を身につけて指導的役割を果たす薬剤師をはじめとして、以下のような職種を想定している。

  • *総合病院において、高度な専門的技量を備えて先端医療を担う薬剤師
  • *地域の医療機関において、指導的・先導的役割を担う薬剤師
  • *医療・食品行政における技官や専門職(薬剤師有資格者として)
  • *医療系大学教員、研究者(薬剤師有資格者として)
カリキュラム概要
カリキュラムポリシー

本学の「校訓三実」である「真実」、「実用」、「忠実」の理念に基づいて掲げたディプロマ・ポリシーを念頭に、高度な専門性をもって患者に最適の薬物治療を提供できる人材、薬物を適正に使用する上で生じる問題を科学的・社会的に解決できる人材、さらに薬学研究者の視点から病態や薬物作用機序の解明に取り組める人材を養成することを目的としている。この目的を達成するために、各年次に体系的に講義科目、研修科目および、研究指導科目を配置する。また、臨床薬学、医療薬学分野における問題発見、解決能力の獲得が可能になるカリキュラムを編成する。また、研究指導領域としては、基礎薬学から臨床薬学まで幅広く包含し、できるだけ多分野の科目を履修できるように配慮する。

博士(薬学)の学位取得
学位論文の作成・発表
最適治療と実践薬学領域
疾病と薬の分子基盤領域
薬学特別研究
天然物医薬品評価科学
製剤設計学
環境衛生薬学
腫瘍学
臨床薬理学
病院薬剤学
医療経済学
医療倫理学
医療マネジメント
専門科目
感染症薬学
分子神経科学
薬物作用解析学
医薬分子科学
医療分析化学
分子生命科学
特別研修
医療薬学分野
臨床薬学分野
(愛媛大学医学部附属病院)
科学英語特論
社会人学生の履修方法
  • □働きながら学位取得を目指したい方に、長期履修制度や昼夜開講制を導入。
  • □旧4年制薬学部卒業者も出願可能(資格審査有り)。

社会人学生の履修方法については、入学した大学院生の状況に応じて、指導教員を中心とした助言をもとに、柔軟な履修計画を立てます。

  1. 昼夜開講制 : 柔軟な教育研究体制を整備

    職業につきながら大学院で学ぶ社会人大学院生に、昼夜開講制を導入し、 平日夜間授業、土曜日授業、集中講義などを組み合わせた柔軟な教育研究体制を整え、履修および単位修得の利便を図ります。

  2. 長期履修制度 : 働きながら無理のない履修計画が可能

    時間的制約の多い社会人が、個人の事情に応じて柔軟に標準修業年限を超えて学び、仕事に従事しながら学位を取得することが可能になります。 この制度は本人の申請に基づいて審査し、長期履修をあらかじめ認め計画的に課程を修了するものです。

各専門分野の研究テーマ
領域 専門分野 研究指導教員 研究テーマ










臨床薬学 川崎 博己教授 生活習慣病における血管周囲神経機能の研究、およびこれに関連した治療薬物調査と治療成果の解析
相良 英憲准教授 1.精神疾患モデル動物の情動と脳内報酬系に関する研究 2.精神・神経疾患における臨床薬学的研究
生体環境衛生薬学 牧 純教授 国際保健衛生における難治性環境感染症に関する基礎・臨床・社会の学際的視座からの医療薬学研究
病態生理学 酒井 郁也教授 1.癌細胞の病態解明と分子標的治療法の開発 2.細胞の増殖と分化制御機構の解明
臨床薬化学 岩村 樹憲教授 生物活性物質、特にオピオイド、セロトニン、ドパミン様物質の分子設計と合成
天然医薬分子開発学 天倉 吉章教授 天然物(生薬、漢方薬等)の品質・有効性・安全性評価研究と食薬および育薬的展開
薬品物理化学 山内 行玄准教授 1.プラズマ技法による薬物放出制御型DDSの開発 2.難溶性医薬品の可溶化技術の開発
衛生薬学 舟橋 達也教授 1.細菌の鉄獲得機構に関する研究 2.細菌の転写調節因子の分子機構解明










薬理学 古川 美子教授 精神・神経疾患の病態に関与する因子の解析およびその発現を制御するシーズ化合物の探索
中島 光業准教授 精神疾患および神経疾患モデル動物の樹立とその病態解析
創薬有機化学 河瀬 雅美教授 新たなフッ素導入反応を利用して、薬物や生理活性物質の薬効効果を向上または改変に関する研究
医療分析化学 明樂 一己教授 メタボノミクスまたは安定同位体を用いた病態解析・診断法ならびに薬効・毒性評価法の開発と応用
生物物理化学 奈良 敏文准教授 細胞膜機能、特にトランスポーターおよび受容体に関する基礎・応用研究
病態生化学 中西 雅之准教授 アフリカ睡眠病の原因原虫が発現する糖鎖の機能とその合成経路の解明
理論薬品作用学 畑 晶之准教授 薬物代謝の原子レベル機構と、それに基づく新規化合物の代謝予測に関する理論的研究
感染症学 玉井 栄治准教授 嫌気性細菌の病原因子およびその発病メカニズムの解明と新規の治療薬と治療法に関する研究
松山大学大学院 医療薬学研究科医療薬学専攻 授業科目と担当教員
科目区分 授業科目 専任教員等の配置

















天然物医薬品評価科学特論 岩村樹憲 教授、天倉吉章 教授
製剤設計学特論 湯浅宏 教授、山内行玄 准教授
環境衛生薬学特論 牧純 教授、舟橋達也 教授、高橋真 准教授(愛媛大学農学部)
腫瘍学特論 酒井郁也 教授、山口巧 教授
臨床薬理学特論 川崎博己 教授、相良英憲 准教授
病院薬剤学特論 荒木博陽 教授、田中亮裕 講師(愛媛大学医学部)
医療倫理学特論 山田富秋 教授(人文学部)
医療経済学特論 経済学研究科開講科目
医療マネジメント特論 東渕則之 教授(経営学部)










感染症薬学特論 中西雅之 准教授、玉井栄治 准教授
分子神経科学特論 松岡一郎 教授、野元裕 教授
薬物作用解析学特論 古川美子 教授、中島光業 准教授
医薬分子化学特論 河瀬雅美 教授、栗原健一 准教授
医療分析化学特論 明樂一己 教授、見留英路 准教授
分子生命科学特論 奈良敏文 准教授、畑晶之 准教授



薬学特別研究 川崎、牧、古川、河瀬、酒井、岩村、明樂、天倉、中島、奈良、中西、畑、山内、玉井、舟橋、相良



科学英語特論I 松岡、古川、河瀬、野元、明樂、奈良、畑
科学英語特論II 川崎、牧、湯浅、酒井、岩村、天倉、山口、舟橋












最適治療と実践薬学領域研修 川崎、牧、酒井、岩村、天倉、山内、舟橋、相良
疾病と薬の分子基盤領域研修 古川、河瀬、明樂、中島、奈良、中西、畑、玉井





病院研修I 愛媛大学医学部薬剤部
病院研修II 愛媛大学医学部薬剤部

このページのTOPへ