プライバシーポリシー

HOME >> プライバシーポリシー

個人情報保護に関する基本方針

学校法人松山大学(以下、「法人」という)及び法人が設置する大学、短期大学(以下、「大学」という)は、教育・研究機関としての業務を行うにあたり、保有する個人情報の保護が重大な責務と考え、情報主体をはじめ広く社会からの信頼を得るために、以下のとおり「個人情報保護に関する基本方針」を定めます。法人及び大学は本方針に基づいて策定した「学校法人松山大学個人情報保護規程」を、全ての役員及び職員が遵守し、個人情報保護に努めます。

個人情報の取扱いに関連する法令等の遵守

法人及び大学は、事業に関わる学生及びその家族、卒業生、入学志願者、教職員等の個人情報について、以下の関係法令を遵守します。


(1) 個人情報の保護に関する法律
(2) 個人情報の保護に関する施行令
(3) 文部科学省「学校における生徒等に関する個人情報の適正な取扱いを確保するために事業者が講ずべき措置に関する指針」
(4) 厚生労働省「雇用管理に関する個人情報の適正な取扱いを確保するために事業者が講ずべき措置に関する指針について」

個人情報の適切な収集・利用・提供・委託

(1) 個人情報の収集にあたっては、利用目的を明示した上で、必要な範囲の情報を収集し、利用目的を通知または公表し、その範囲内で利用します。
(利用目的)
学     生 ・・・ 学修、厚生、就職活動・進路指導等に関する業務のため
入学志願者 ・・・ 入学案内・入学試験運営、入学手続きに関する業務のため
卒 業 生 等 ・・・ 学籍等の証明及び同窓会に関する業務のため
保 護 者 等 ・・・ 成績・学費納入等の各種通知及び父母の会等に関する業務のため
教 職 員 ・・・ 人事労務関係、福利厚生、社会保険等及び組織運営に関する業務のため


(2) 収集した個人情報は、次の場合を除き、第三者に提供または開示することはしません。
@ あらかじめ本人の同意を得た場合
A 個人情報の保護に関する法律第23条第2項ないし同第3項の方法による場合
B 法令等の規定に従い、提供または開示する場合


(3) 個人情報を第三者に委託して利用する場合は、当該第三者における安全管理措置の状況等に照らし、委託を行うことの適切性を検討すると共に、当該第三者との間で秘密保持契約を締結した上で提供するなどし、委託先への適切な監督をします。

個人情報の安全管理措置及び保護体制

個人情報への不正アクセス、個人情報の紛失、滅失、改竄、毀損及び漏洩等を防止するため、必要な予防・是正措置を講じ、適正に管理します。また、個人情報を適正に保護管理するために、保護管理の責任者を置き、役割と責任を明確にした個人情報保護体制を整備します。

個人情報の取扱いに関する社会環境の変化に的確に対応するよう努めます。また必要に応じて本方針をはじめ各種規程等につき、変更、修正、または追加を行うなど、改善をするよう努めます。

開示、訂正請求等への対応

法人及び大学が個人情報保護に関する基本方針を遵守していないと思われる場合、及び本人の個人情報の開示、訂正、追加または削除、利用停止などを希望される場合には、合理的な期間、妥当な範囲内でこれに対応いたします。

苦情の処理

個人情報取扱に関する苦情に対しては、「学校法人松山大学個人情報保護委員会」が適切かつ迅速な処理に努めます。

このページのTOPへ