プライバシーポリシー

HOME >> 資格・進路

各種資格

薬剤師でなければできない業務 ■調剤業務
■薬局の管理者
■医薬品一般販売業の管理者
■医薬品の製造(輸入販売業)の管理者
■学校薬剤師
■保険薬剤師
            など
薬学部を卒業すると得られる資格 ■麻薬管理者
■外国医薬品等の国内管理者
■検疫委員
■環境衛生指導員
■特別産業廃棄物管理責任者
■食品衛生管理者
■食品衛生監視員
■第一種衛生管理者
■毒物劇物取扱責任者
■介護支援専門員(ケアマネージャー)
■高度管理医療機器等営業管理者
            など
薬剤師であればその取得に特別の配慮が払われる資格 ■作業環境測定士
■公害防止管理者
■健康食品管理士
■環境計量士
■労働衛生コンサルタント
■弁理士
            など
薬学部を卒業したものが取得できる資格(業務) ■薬剤師国家試験受験資格
■登録販売者の受験資格
 (実務経験免除)
■向精神薬取扱責任者
■麻薬取締官
■一般廃棄物処理施設又は
 産業廃棄物処理施設の技術管理者
■水道技術管理者
■特別産業廃棄物管理責任者
■薬事監視員
■建築物環境衛生管理技術者
            など

卒業後の進路

病院・薬局 病院や調剤薬局では、調剤をはじめ、くすりに関わるあらゆる業務に携わります。
また、ドラッグストアや地域に密着した薬局では、医薬品の販売はもちろん、住民のヘルスパートナーとしての活躍が期待されています。
創薬・研究 現在の医学では治せない病気を治すくすり、効果が高く副作用が少ない医薬品を開発する仕事です。
専門的な知識を6年間の高度な薬学教育で身につけて製薬会社等に就職します。
化学・食品会社など 薬学の幅広い知識は、化学産業、食品業界、化粧品業界、商社など広範囲にわたって活かすことが可能です。また、最近では健康志向も高まりつつあり、薬学の専門知識を持った人材を必要とする企業も増えています。
MR(医薬情報担当者) 製薬メーカーが開発した自社の医薬品を、患者に適正に使用してもらうため、医師や薬剤師に使用方法などについての情報を伝える仕事です。薬学部出身者が持つ深い薬学知識が求められる分野でもあります。
環境衛生 保健所や衛生試験所などに所属し、地域の人々が健康に生活していく為の研究や行政に携わります。また、衛生に関する知識や検査技能を活かし、開発途上国等で感染症予防を行うなどの活躍も期待されています。

国家試験受験バックアップ体制

国家試験合格に向けての万全サポート 6年次の「総合薬学演習」では、今までに学んだ薬学のすべての知識・技能を総復習し、国家試験に対応した包括的な講義・演習を行います。また、過去10年分の薬剤師国家試験問題などを集約した学習システムソフトを導入・活用しています。このソフトを使えば、それぞれの得意分野や弱点を自己分析することができ、より効率的な受験対策を図ることが可能です。さらに、アドバイザー制やオフィスアワーによる個別指導を行い、合格率100%を達成できるよう全力でバックアップしていきます。

このページのTOPへ