松山大学薬学部 医療薬学科 医薬情報解析学研究室

卒業生の声- MESSAGE -

卒業生

吉岡由奈

卒業生の吉岡由奈です。私は今現在、徳島大学病院の敷地内にあるアイン薬局で働いています。
この研究室では幾度となく、①臨機応変②リーダーシップ③コミュニケーション能力+タイムマネージメントを身に付けておくよう指導を受けました。
社会人3年目となった今、上記の力があればどんな困難も乗り越えられると実感しており、学生時代にこのような大切なことを教えてくださった先生方には、本当に感謝しています。
すべては患者様の元気と笑顔のために、より良い医療を提供できる多くの仲間がこの研究室から巣立つことを楽しみにしています。

吉岡由奈

徳島大学病院薬剤部の吉岡俊彦です。大学病院では、主に抗がん剤調製室で入院・外来における癌患者様の治療に関わる仕事をしています。
学生時代は、ラット腸間膜動脈血管床を用いた血管機能調節に及ぼすナリルチンの影響について研究していました。この研究室は、先生方との距離が近くて相談しやすい環境でしたので、気負うことなく実験ができ、のびのびと充実した3年間を過ごしました。学部生時代の楽しい研究室生活がきっかけとなり、大学院に進むことを決め、現在は働きながら研究に励んでいます。一人でも多くの患者様のサポートができる薬剤師を一緒に目指しましょう。

古川知里

岐阜大学病院の門前にあるたんぽぽ薬局で働いている古川知里です。大学病院ならではの幅広い処方は、臨床に出たばかりの頃はなかなか処方意図が読み取れず苦労もありましたが、先輩方のサポートを得て日々勉強で2年目を迎えました。
ラボでは臨床現場の問題点をテーマに研究を行なっており、ラット腸間膜動脈血管機能に及ぼすスニチニブ灌流の影響について研究していました。解明されれば自分たちの研究がいかに意義深く画期的なものになるか、臨床に出て強く感じています。研究を引き継ぐ後輩達が糸口を見つけてくれることを期待しています。

川崎あゆみ

高知西病院薬剤部の川崎あゆみです。病院薬剤師1年目の私は、調剤や病棟業務等の仕事を担当しています。ラボでは一人でも多くの患者様の幸せを実現するという信念のもと、パクリタキセル誘発末梢神経障害に及ぼすレニン・アンジオテンシン・アルドステロン阻害薬の影響について後方視的研究を行いました。卒業研究を通じて、抗がん剤の副作用に苦しむ人が非常に多いことを実感し、将来、薬剤師としてその治療に貢献したいと強く感じたことを覚えています。
現在は、その強い思いを胸に日々の業務に精進しており、患者様への貢献に繋がると信じています。皆さんも患者様のために一緒に頑張りましょう。

赤松竜典

2022年に卒業し、ドラッグストア併設調剤薬局で薬剤師をしています赤松竜典です。高取先生がいつも仰っていた「すべては患者様のために」を念頭に、患者さんの訴えを傾聴しそれに合った提案をするようにしています。自分で考えて患者さんやお客さんに様々な提案ができることがドラッグストアの薬剤師の楽しさであり、やりがいがあると感じています。
研究室ではPC12の各種薬剤の毒性試験の研究をしていました。研究を通じて、臨床における問題解決の一部に携われたこと、問題の発見、分析、解決する能力が養われたことは今後の薬剤師としての業務をする際に、よい経験となりました。大学生活や研究の楽しさをもっと学生の間で体感して欲しい思っています。今後も研究室のセミナーや、個人的に作ったサークルを通じて楽しさを伝えられたらと思います。大学生活をぜひ楽しんでください!