プライバシーポリシー

HOME >> 奨学金について

奨学金とは

家庭の経済的理由により修学困難な者に対し、一定の金額を給付または貸与することによって学費の負担を少しでも軽減し、それによって勉学に専念できるように、との目的で設けられた制度です。

[主な奨学金の種類] [本年度募集予定分] [本年度募集以外の奨学金]

主な奨学金の種類

主な奨学金の種類

松山大学奨学金 松山大学温山会奨学金 松山大学薬学部提携特別教育ローン利子給付奨学金 星川奨学金 三浦教育振興財団 日本学生支援機構(第1種)無利子 日本学生支援機構(第2種)有利子 入学時特別増額貸与奨学金 有利子
名称 月額 応募資格 採用予定
人員
募集
時期
備考
松山大学奨学金 給付
月額30,000円
学業、人物ともに優れ、かつ経済的な事由で学費の支弁が困難な者 約80名 4月
上旬
  • 単年度
  • 年額360,000円
松山大学
温山会奨学金
給付
月額10,000円
本学の学部学生・大学院学生・短期大学の学生で成績優良、身体強健であって、経済的理由により修学困難な者 5名 4月
上旬
  • 単年度
  • 年額120,000円
松山大学
薬学部提携特別
教育ローン利子
給付奨学金
在学中の利子 左記ローンを利用し学費の納入をした薬学部 希望者 学費
納入後
  • 詳細は学生課に問い合わせてください。
三浦教育振興
財団奨学金
給付
月額30,000円
本学の学部学生及び大学院生で特に成績が優秀でありながら学費の支弁が困難と認められる者 数名 4月
上旬
  • 成績を特に重視します。
  • 1年生4月分より最短修業年限
星川奨学金 給付
月額30,000円
本学の学部学生及び大学院生で学業、人物共に優れ、健康で向学心を有し、経済的理由により、修学が困難な者 数名 4月
上旬
  • 成績を特に重視します。
  • 1年生4月分より最短修業年限
    薬学部は3年生のみ)
外国人留学生
学費減免
給付金
学費総額の範囲内
経済的事由により修学が困難な者
学業成績が良い者
  4月
  • 成績に準じて選考

*1 2年生対象


※上記奨学金は、学内奨学金以外の奨学金(日本学生支援機構等)との重複採用を認める。

このページのTOPへ

本年度の奨学金募集予定分
学年 給貸 種類 名称 金額(月額) 採用予定人数 備考
1


給付 学内 単年 松山大学奨学金 30,000円 約30名 1年次生より
松山大学温山会奨学金 10,000円 若干名 全学年より
松山大学薬学部提携特別
教育ローン利子給付奨学金
在学中の利子 申請者全員 薬学部生のみ可
(詳細はこちら
※直接学生課へ申請書を提出すること。
民間 継続 星川奨学会 30,000円 数名 薬学部生不可
三浦教育振興財団 30,000円 数名 1年次より
貸与 学生支援機構 継続 日本学生支援機構(第1種)
―無利子―
(自宅)
54,000円
(自宅外)
64,000円
又は30,000円
より選択
約80名 1年次生より
詳細はこちら
日本学生支援機構(第2種)
―有利子―
30,000円 約160名 左記金額より選択
採用予定人数は、
全学年より
詳細はこちら
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
薬学部生のみ)
140,000円
入学時特別増額貸与奨学金―有利子― 10万円、20万円
30万円、40万円
50万円より選択
  詳細は、こちら
2


給付 学内 単年 松山大学奨学金 30,000円 約60名 2年次生以上より
松山大学温山会奨学金 10,000円 若干名 全学年より
松山大学薬学部提携特別教育ローン利子給付奨学金 在学中の利子 申請者全員 薬学部生のみ可
(詳細はこちら
※直接学生課へ申請書を提出すること。
民間 継続 星川奨学会 30,000円 数名 薬学部生は
3年次生のみ可
貸与 学生支援機構 継続 日本学生支援機構(第1種)
―無利子―
(自宅)
54,000円
(自宅外
64,000円
又は30,000円
より選択
数名 詳細は、こちら
日本学生支援機構(第2種)
―有利子―
30,000円 約160名
 
※左記金額より選択
採用予定人数は、
全学年より
詳細は、こちら
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
薬学部生のみ)
140,000円

このページのTOPへ