プライバシーポリシー

HOME >> 薬用植物園

国内外のさまざまな薬用植物を栽培

御幸グラウンドの一角には、総面積1,806uの薬用植物園があります。園内には栽培圃場や温室が設置され、国内外の多種多様な薬草、薬木(熱帯、亜熱帯植物を含む)を栽培しています。生きた植物の標本園として、「薬用植物学」「生薬学」「漢方学」などの教育・研究に使われるほか、管理棟(分析・試験場)では天然薬物研究や有用植物栽培研究も行います。なお、当園は年2回(春と秋)、一般に開放されています。

薬用植物園看板


このページのTOPへ