専門教育科目一覧

HOME >> 専門教育科目一覧

6年間の学びのプロセス

1年次
薬学の基礎と医療人としての素養を身につける
生命の尊厳など医療人としての自覚を促す内容を学ぶとともに、人文・社会・自然科学を幅広く学び、豊かな教養や人間性を育みます。また広範囲にわたる薬学専門科目の導入として、化学や生物学、物理学などを学びます。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
◎医療薬学への招待
◎薬学数学
◎薬を理解するための
  基礎物理学
◎薬を理解するための
  基礎物理化学
◎薬を理解するための
  基礎分析化学
◎薬を理解するための
  基礎有機化学
◎薬を理解するための
  基礎生物学
◎物理化学T
◎分析化学
◎有機化学T
◎生薬学T
◎生化学T
 薬用植物学
 
◎薬学基礎実習T
◎薬学基礎実習U
 
2年次
基礎薬学科目を通して薬学の基礎を固める
薬学の基礎知識を確実に修得する一方、化学系、物理学系、生物学系などの実習が本格的に始まり、医療現場で力を発揮するための技能を身につけていきます。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
 
◎物理化学U
◎機器分析学
◎生物物理学
◎放射化学
◎有機化学U
◎有機化学V
◎生薬学U
◎生化学U
◎生化学V
◎微生物学T
◎微生物学U
◎機能形態学T
◎機能形態学U
◎衛生薬学T
◎免疫学
◎漢方学
◎薬理学T
 医薬品
  マーケティング
◎有機化学系実習
◎物理化学系実習
 
3年次
医療薬学科目で、医薬品の本質を学び技能を高める
化合物を薬物に変える方法、薬の使い方や人体への影響について学びます。また、より実践的な講義・実習で、各薬学分野に直結した知識と技能を身につけます。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
 
◎物理化学演習
◎有機構造解析学
◎有機化学演習
◎機能形態学V
◎衛生薬学U
◎衛生薬学V
 コンピュータ化学
 薬品合成化学
◎物理薬剤学
◎生物薬剤学
◎製剤学
◎薬物動態学
◎医薬品化学T
◎薬理学U
◎薬理学V
◎病態生理学T
◎病態生理学U
◎医療薬学
◎調剤学
◎薬物治療学T
◎医薬品情報学
◎医療心理学
 医薬品化学U
 病理病態学
 医療制度論
 臨床栄養学
 医療経済学
◎生化学・薬理学実習
◎微生物学・
  衛生薬学実習
 
4年次
【薬学共用試験】に向けて専門的な知識・技能を修得する
臨床系薬学が加わり、服薬指導や調剤などの実務能力を磨きます。学年末には4年間に修得した知識と技能を総合評価する「薬学共用試験」を受験。また、希望する研究室で個々のスキルを磨く卒業研究も始まります。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
 
◎生化学演習
◎臨床薬剤学
◎薬剤学演習
◎薬理学演習
◎薬物治療学U
◎実践社会薬学
◎治験薬学
◎病院・薬局 薬学T
◎病院・薬局 薬学U
 医用機能性高分子学
 食品香粧機能学
 細胞分子医学
 化学療法学
 医薬品安全性学
◎薬剤学・製剤学実習
◎病院・薬局 事前実習T
◎病院・薬局 事前実習U
◎薬学基礎演習T
◎薬学基礎演習U
◎卒業研究
薬学共用試験
5年次
病院・薬局の現場実習で薬剤師の実務を体験する
保険調剤薬局と病院薬剤部で5ヵ月間の実務実習を行い、薬剤師業務の現場を肌で感じます。また、情報化社会における医薬品の取り扱い方などについても学びます。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
 
 
◎医薬品情報学演習
 
 
 
 
◎病院実習
◎薬局実習
◎薬学専門英語
◎卒業研究
6年次
卒業論文の作成と、【薬剤師国家試験】の合格をめざす
これまでに取り組んできた研究を卒業論文としてまとめるとともに、6年間に修得した知識・技術を総合薬学演習で復習し国家試験に備えます。
専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 総合薬学科目
 
 
◎薬事法規
◎実践臨床薬学
 臨床医学
 
 
 
 
◎総合薬学演習
◎卒業研究

・ ◎印のある授業科目は必修科目です。
・ 専門教育科目の実習科目「卒業研究」においては、4年次〜6年次まで継続して 履修する必要があります。

2011年度までの学生はこちら

このページのTOPへ