受験生の皆様へ

HOME >> 教員・研究室の紹介 > 研究室紹介

衛生化学研究室

病原菌は、宿主が持つ生体防御機構(ストレス)に対抗し、病原因子や増殖因子などの‘武器’を素早く産生し、宿主環境に適応して生存・増殖することができます。このストレス応答には、細菌遺伝子の即時的、統括的発現が必須です。当研究室では、エロモナス属菌やビブリオ属菌などの食中毒細菌やアシネトバクター属菌などの日和見感染菌などにおけるストレス応答関連遺伝子群を同定すると共に、それら遺伝子の発現調節機構解明や当該タンパク質の機能解析、さらにはそれらの有用応用などの課題に取り組んでいます。

スタッフ
教授: 舟橋 達也  講師: 田邊 知孝 
嘱託職員: 井戸 友梨    
研究
研究テーマ
  • エロモナス属菌及びビブリオ属菌の鉄獲得系の分子遺伝学
  • 細菌のストレス応答と病原因子発現の分子遺伝学
  • 細菌転写調節因子の分子機構解明

主要論文
  • T. Tanabe, T. Funahashi, N. Okajima, H. Nakao, Y. Takeuchi, K. Miyamoto, H. Tsujibo, S. Yamamoto. The Vibrio parahaemolyticus pvuA1 gene (formerly termed psuA) encodes a second ferric vibrioferrin receptor that requires tonB2. FEMS Microbiol. Lett., 324, 73-79 (2011).
  • T. Funahashi, T. Tanabe, K. Mihara, K. Miyamoto, H. Tsujibo, S. Yamamoto. Identification and characterization of an outer membrane receptor gene in Acinetobacter baumannii required for utilization of desferricoprogen, rhodotorulic acid, and desferrioxamine B as xenosiderophores. Biol. Pharm. Bull., 35, 753-760 (2012).
  • T. Funahashi, T. Tanabe, K. Shiuchi, H. Nakao, S. Yamamoto. Identification and characterization of genes required for utilization of desferri-ferrichrome and aerobactin in Vibrio parahaemolyticus. Biol. Pharm. Bull., 32, 359-365 (2009).

 
教育
担当科目

衛生薬学T・U・V、薬学基礎演習T・U、総合薬学演習、薬学基礎実習T、微生物学・衛生薬学実習、卒業研究


講義・実習概要

健康の維持・増進を目的として、疾病や健康障害の予防・回避を理解するため、保健衛生、母子衛生、生活習慣病、食品衛生、遺伝子組換え食品、健康障害因子、水・大気の環境保全などの項目について講義する。実習では食品成分、食品添加物、水質・空気環境に関する各種試験法とそれらの測定原理を実地に修得させる。

このページのTOPへ