受験生の皆様へ

HOME >> 教員・研究室の紹介 > 研究室紹介

生理化学研究室

生理化学研究室では、複雑な神経系の発達・成長と再生機構や高次機能の獲得機構を明らかにすることを目標に研究を行っています。これまでに私たちは、神経系の形成や腫瘍化において遺伝子制御や細胞周期の調節に働く重要な遺伝子・タンパク質をいくつも発見しました。そこで、これらの遺伝子・タンパク質の働きを明らかにするために、ES細胞、神経幹細胞、遺伝子ノックアウトマウスやショウジョウバエなどを材料にして、最新の遺伝子工学や細胞生物学などの手法を駆使して研究しています。

スタッフ
教授: 松岡 一郎  准教授: 中村 真 
助教: 小林 三和子     
研究
研究テーマ
  • 脳高次機能を制御するBRINPファミリータンパク質の分子機作の解明
  • 遺伝子ノックアウトマウスを用いた脳・神経疾患モデルの解析
  • ショウジョウバエの遺伝子学的解析に基づく神経発生機構の解明

主要論文
  • M. Terashima, M. Kobayashi, M. Motomiya, N. Inoue, T. Yoshida, H. Okano, N. Iwasaki, A. Minami and I. Matsuoka. Analysis of the expression and function of BRINP family genes during neuronal differentiation in mouse embryonic stem cell-derived neural stem cells. J. Neurosci. Res., 88,1387-1393 (2009)
  • M. Motomiya, M. Kobayashi, N. Iwasaki, A. Minami and I. Matsuoka. Activity-dependent regulation of BRINP family genes. Biochem. Biophys. Res.Commun., 352, 623-629 (2007)
  • N. Yoshikane, N. Nakamura, R. Ueda, N. Ueno, S. Yamanaka and M. Nakamura. Drosophila NAT1, a homolog of the vertebrate translational regulator NAT1/DAP5/p97, is required for embryonic germband extension and metamorphosis. Dev Growth Differ., 49, 623-634 (2007)
  • T. Nakatani, S. Ueno, N. Mori and I. Matsuoka. Role of NRSF/REST in the molecular mechanisms regulating neural-specific expression of trkC/neurotrophin-3 receptor gene. Mol. Brain Res., 135, 249-259 (2005).
  • H. Kawano, T. Nakatani, T. Mori, S. Ueno, M. Fukaya, A. Abe, M. Kobayashi, F. Toda, M. Watanabe and I. Matsuoka. Identification and Characterization of Novel Developmentally Regulated Neural-Specific Proteins, BRINP (BMP/RA-Inducible Neural-Specific Protein) Family. Mol. Brain Res., 125, 60-75 (2004)

 
教育
担当科目

医療薬学への招待、機能形態学T・U・V、細胞分子医学、ヒトの生物学、薬学基礎演習T・U、総合薬学演習、
薬学基礎実習U、生化学・薬理学実習、卒業研究


講義・実習概要

ヒトの生物学では、細胞の構造と機能や組織の基本構造を学び、機能形態学を学ぶ上で必要な基礎知識を習得します。機能形態学では、神経系および内分泌系の概略から始まり、これらが統合する体の各部の器官・組織の機能とその調節にもとづく生体のホメオスタシスについて学びます。

このページのTOPへ