専門教育科目一覧

HOME >> 専門教育科目一覧

6年間の学びのプロセス

1年次 薬学の基礎と医療人としての豊かな人間性・教養を身につける。

基礎薬学科目と基礎教育科目を中心に薬学の基礎知識を養います。「薬学概論」「医学概論」で生命の尊厳や、医療人=薬剤師として求められる資質を学びます。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
○薬学概論
○医学概論
○有機化学T
○分析化学T
○生薬学T
○生化学T
 薬用植物学
 薬学史
 
 
 
 
 
○薬学基礎実習
 
2年次 基礎薬学科目を通して薬学の基礎を固める。

1年次に引き続き、基礎薬学科目において物理系、化学系、生物系などの各専門分野の基礎知識・技能の修得を行います。また、これらの基礎薬学科目に関連した実習科目も加わります。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
 
○薬学英語T
○薬学英語U
○有機化学U
○衛生化学T
○分析化学U
○物理化学T
○物理化学U
○生薬学U
○解剖学
○微生物学T
○免疫学
○公衆衛生学
○生化学U
○有機化学演習
○物理化学演習
 細胞生物学
 薬品合成化学
 有機合成化学
 分子生物学T
 分子生物学U
 農薬化学
 香粧品学
 食品化学
 医薬品マーケ
 ティング
○生理学
○生理化学
○薬理学T
○漢方学
 臨床栄養学
○生薬学実習
○有機化学実習
○分析化学実習
○物理化学実習
 
3年次 医療薬学科目から、医療品の本質と技能を修得する。

1・2 年次で学んだ基礎薬学の知識をベースに、より応用的・実践的な医療薬学科目の講義・実習が行われます。これらの講義・実習により、各薬学分野に直結した知識と技能を身につけます。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
 
○薬学英語V
○微生物学U
○衛生化学U
○薬剤学T
○薬剤学U
○生物物理学T
○生化学演習
 生物物理学U
 放射化学
 機器分析化学
 有機構造解析
 法
○薬理学U
○薬理学V
○薬物治療学T
○病態生理学T
○医薬品情報学
○医療薬学T
○医療心理学
○医薬品化学T
○製剤学T
○製剤学U
 医療経済学
 医療薬学U
 医療制度論
 医薬品化学U
 病理病態学
 病態生理学U
 ゲノム創薬学
 毒性学
○生化学実習
○衛生薬学実習
○微生物学実習
○製剤学実習
○薬理学実習
 コーポレート
 ・ガバナンス
 消費者法
 貨幣経済論
4年次 薬剤師の総合的な知識技能の修得と、実務実習の資格を問う【薬学共用試験】に向けた学習。

医療薬学科目の中でもより臨床に近い科目が中心となるとともに調剤や服薬指導などの実務能力を身につける学内実務実習が行われます。また、学年末には、4年間の学習成果と技能修得状況の総合評価【薬学共用試験】が行われます。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
 
 
○薬物治療学U
○内科学
○調剤学
○薬物動態学
○臨床薬剤学
○治験薬学
○実践社会薬学
○病院・薬局
 薬学T
○病院・薬局
 薬学U
○病院・薬局
 薬学V
 医薬品安全性
 学
 臨床統計解析
 学
 化学療法学
○薬剤学実習
○卒業実習
 
薬学共用試験
5年次 病院・薬局での現場実習を通して薬剤師の実務を知る。

病院・薬局での長期学外実務実習を行い、現場の薬剤師業務を経験します。実務で必要な応用力を身につけ、患者さんとの接し方なども学びます。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
 
 
○医薬品情報学
 演習
○病院・薬局実習
 ・病院実習
 ・薬局実習
○卒業実習
 
 
 
 
 
 
6年次 卒業論文の作成と、【薬剤師国家試験】の合格を目指した総復習。

「卒業実習」( 研究論文の作成、プレゼンテーション) に専念するとともに、「総合薬学演習」を履修し、薬剤師国家試験に向けて6 年間の総復習を行います。

専門導入科目 基礎薬学科目 医療薬学科目 実習科目 関連科目
 
○薬事法規
○総合薬学演習
 薬物治療学V
 臨床医学
○病院・薬局実習
 ・病院実習
 ・薬局実習
○卒業実習
 
 
 
 
 
 

このページのTOPへ